筑紫支部について

支部長あいさつ

同友会筑紫支部に参加してみませんか?

福岡県中小企業家同友会は異業種交流や経営の勉強を目的とした集まりです。 中小企業家同友会は全国47都道府県に広がっており、そのすべての会員がお互いを仲間として、いつでも受け入れてくれる会です。

現在、新型コロナウイルスの影響により、経営者の誰もが大変な困難に立ち向かっている状況です。 このような時だからこそ同友会で経営の学びを深め合い、自社の発展に役立つ情報を一緒に掴みませんか。
「自社の発展に役立つ学びを得るために、みんなでよい例会を企画運営し、新しい仲間をたくさん迎え入れ、イベント等の交流の場で楽しく遊び、明るく楽しく笑顔いっぱいで元気な筑紫支部にする。」を基本方針として、多くの新しい仲間に参加してほしいと願っています。

地域の経営者の皆様、まずはゲスト参加で筑紫支部のそのままの姿をぜひご覧ください。

新しい皆様を心からお待ちしています。一緒に地域を盛り上げましょう!
同友会筑紫支部 支部長 石内 雅盛
(株式会社レイオブホープ 代表取締役)

ブロック紹介

Meetブロック

ブロック長 満永貴久(副ブロック長:塘之口守・小川寿里亜) ■活動テーマ

『楽しく・賑わいのあるブロック会へ』

・企業訪問を中心に実施していく。
・ブロック会にゲストの毎回参加を目指す。
・ブロック会に参加しやすい環境を作る。
・ブロック会以外での会員交流(イベント)をしていきたい。

■活動計画

・担当例会 9月、3月
・担当知る会 1月

SUNSUNブロック

ブロック長 武部康好利 (副ブロック長:田中洋一・横山里美) ■活動テーマ

『声を掛けよう!応えよう!』

・企業訪問に力を入れる。

■活動計画

・ブロック例会は第4金曜日を予定。
・担当例会 11月(かすや支部合同)、4月 (労使見解)


フレッシュブロック

ブロック長 山野和也(副ブロック長:牧田尚起・川添良平) ■活動テーマ

『みんなで参加し、みんなで楽しむブロック』

・会員が参加しやすいブロック会を企画する(レクレーションなど)
・休眠会員への企業訪問を行う。
・会員同士の交流を促進する。

■活動計画

・基本的には、第2木曜日にブロック会を実施する。
・ブロック役員会を定期て開催する。
・ブロック役員会では、ブロック会や例会の企画(主担当:牧田・川添)、企業訪問先企業決めや日程の調整(主担当:山野、牧田、川添)、ブロック運営の振り返り・意見交換を行う。

増強プロジェクト

プロジェクトリーダー:植原正明・堀内智孝 ■活動テーマ

『支部一丸となって「会員15名入会‼︎」を達成しよう!』

・知る会はミニ例会方式で開催
・新会員15名入会目標
・休眠会員さんへの会社訪問(担当ブロック+増強プロジェクト)
・増強委員会の設置(メンバーは支部三役・増強プロジェクト)、毎月の三役会時間内で開催

■活動計画

・知る会 名称は「異業種交流会」とする。
・紹介者カードの活用

例会づくりプロジェクト

プロジェクトリーダー:浦田秀徳・淀川洋子・樋口純子 ■活動テーマ

『TTO(徹底的におせっかい)』

・例会担当ブロック会に参加して意見をだす。
・参加促進をする(早めにチラシを持って訪問する)。
・例会づくりマニュアルをブロック会にて説明する。

■活動計画

・1年間のテーマに従って、3ヶ月前行動の促進

イベントプロジェクト

プロジェクトリーダー:西中義桂・根岸嗣 ■活動テーマ

『あんたは、よ〜知っとうけど、あんたの「こと」、よ〜知らんけん…。』

・コロナの状況に大きく左右されるが、会員の「こと」を知るため、せめて納涼と望年は例会として行いたい。

■活動計画

・8月 納涼例会
・12月 望年例会
 

会員の声

経営者でも弱みを晒して成長できる場所

同友会はとても勉強になります。よろしくお願いします!

経営の勉強をするのに、こんなにコストパフォーマンスの高い会はないと思います。また会員交流も活発で、支部だけでなく福岡県、そして全国の同友会会員と交流ができます。

主な活動・行事

支部

月間
  • ブロック例会(ブロック毎の定例日)
  • 支部例会(第三木曜日)
年間
  • 支部総会(5月)
  • 納涼例会(7月)
  • 忘年例会(12月)

福岡地区・県

※その他にも様々な経営に関する勉強会が開催されています。

全国

>